さぁて、今月の品種は??


デコポンじゃないよ!
『不知火』だよ!

ゴツゴツさは随一!!!

デポコンの名称で知られる不知火は、清見とポンカンの後輩で作られた品種です。 爽やかな香りと、ぽこっとおへそが出た様な形が特徴的です。 外の皮は分厚いですが手で剥け、じょうのうも薄いのでそのまま食べることができます。 食べやすく、糖度も高いのでとても人気のある品種です。
 

見た目はゴツいけど中身はジューシー!

これぞ中島産の不知火というどっしりした味!!!
 

『不知火』と『デコポン』の違い

実は「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標で、全国の柑橘関係農協県連合会を通じて出荷された不知火のうち、高品質を保つ一定の基準(糖度13度以上、酸度1度以下)をクリアしたものだけがその名を使用できるんです。つまり、デコポンと不知火は同じ品種だが、デコポンと名乗るためには以下2点をクリアしないとダメなんです!
(1)糖度が高く酸味が少ないこと
(2)全国のJAを通して出荷されていること

愛媛県の中島から【全国送料無料】で直送いたします
↓通販サイトはこちらから↓

 

【完売御礼】

低農薬栽培『はるみ』

コスパ良し!プチプチ食感を楽しむ春みかんの代表品種

味良し、香り良し、食べやすさ良し!子どもから大人まで親しみやすい品種!!
 

ただのみかんなのに、この美味しさはただごとではない!

玉の大きさが違うだけで、別の品種かと思うほど見た目と食感が変わる面白い品種です。小玉は糖度が高く口当たりは滑らか。大玉はさじょうがプチプチと弾け、さっくりした食感に!

リピーター続出の超人気品種!!

『はるみ』という品種について

年末年始に収穫され、貯蔵庫で追熟させて出荷します。冬の代表・温州みかんが店頭から姿を消す頃に登場する「はるみ」は、清見とポンカンを掛け合わさった柑橘で、味良し、香り良し、食べやすさ良し。子どもから大人まで親しみやすい品種です。
皮が剥きやすくて種はほとんどなく、温州みかんと同じ感覚で食べられるのが魅力でファンが非常に多いみかん。
2月頃は酸味もしっかり効いた糖酸バランスの良さが売り。3月頃になると甘味が増して、濃厚な味わいに変化していきます。
シーズン中の味わいの変化もあり、リピーター続出の超人気品種です!

【完売御礼】

低農薬『南柑20号』

温州みかんの代表格、『南柑20号』

食べやすさ、食味、食感、食べ応え、保存性・・・あらゆる面でトップクラスの優良品種!!
 

ただのみかんなのに、この美味しさはただごとではない!

中島産のみかんをまだ食べたことがない方にはまずオススメしたいのがコレです。
とくに品種へのこだわりがなく、ただただ美味しいみかんが食べたい方はこれで決まり!と言ってよいほど万人受けする味です。それほどに納得の味!!
食前にも、食後にも、おやつにも、夜食にも♪

通常の栽培方法より、農薬使用を控えた低農薬の柑橘です。

『南柑20号』という品種について

1926年に愛媛県宇和島市の今城氏の普通温州みかん園で、早熟で品質の良いみかんが発見され、、その後の調査の結果、品質・特性の良いみかんであることが分かり、南予柑橘分場の名にちなんで「南柑20号」と命名・登録されました。
現在でも南予(愛媛県の南部)地方で主力の温州みかんとして広く栽培されています。


【完売御礼】

低農薬『日南』

今年の日南はさっぱり味で、万人受け間違いナシ。

この時期からこのハイレベルの柑橘を食べられるのは愛媛の中島産『真ん中』ブランドだから!!
 

今シーズンのトップバッター!!

日南は出荷時期の早さが勝負のみかん。過熟すると味がぼけやすいこともあって、市場に流通しているものは一分着色の頃にもぎ始めることも多々あります。もちろん完全着色(完熟)のほうが味は乗るため、あえて遅めの出荷を心がけ、十分に熟した時期に出荷を始めています。
今年の日南はさっぱり味で、万人受け間違いナシ。

もう食べる手が止まらない♪

『日南』という品種について

極早生温州みかんの日南は正式名称を日南1号といい、興津早生の枝変わりで生まれた品種です。着色が早く酸が抜ける時期も早いのが特色。
まだ青さが残るまま出荷されるこのみかんを、運動会などで食べた記憶が懐かしいという方も多いかと思います。
極早生品種は、柑橘のシーズンの到来を告げる品種でもあります。
甘味と酸味のバランスが程よく取れた爽やかさが、残暑に汗ばむこの季節にとても合います。
消費者の方にも、生産者にも、「あぁ、これからみかんの季節なんだ」と感じさせてくれる日南を食べて、みかん時期の始まりを祝福していただければ幸いです。

【完売御礼】

低農薬
『早生温州・楠本

早生系みかんの雄!!!

11月頃に熟期を迎える温州みかんです。栽培の難しさから生産量は減少傾向にあるものの、消費者側からすると食感・食味・食べやすさは群を抜いており、人気の品種です!
 

今年も低農薬栽培で出荷開始!!!

特濃コクみかん!!!

『南柑20号』という品種について

中島南部・宮野地区の海岸からほど近い園地で、太陽と潮風をたっぷり受けて育った楠本です。「早生みかんといえば宮川早生」という風潮の中、中島らしい味の濃さ期待される方々にオススメの商品です。極早生温州みかん「日南」に続いて、楠本が出荷されるようになると、いよいよみかんシーズンが本格的に始まります。
濃厚な味わいの品種特性に園地の好条件が加わり、他では味わえないほど上質な食味に仕上がっています♪